スプーンブレッドの歴史

アメリカ南部の伝統料理であるスプーンブレッドは、1800年代後半、イギリスからアメリカへ多くの人々が移り住んだ際、ヨークシャー出身者がヨークシャープディングの製法を元に改良を重ねて作ったのが原形と言われています。また、ネイティブ・アメリカンを起源とする説もあります。20世紀頃からアメリカで親しまれるようになり、現在ではベーキングパウダーなどを使用したレシピが一般的です。地域や家庭によって材料や配合、作り方は様々ですが、コーンミールを使用していることから、割いたときにほのかに感じるトウモロコシの風味と独特の食感、おだやかな甘みが特徴です。アメリカでは日常的に食べるパンの一つですが、特に感謝祭などで七面鳥料理と並んで欠かせない食べ物です。1997年以来、ケンタッキー州ベリアでは、毎年9月にスプーンブレッドフェスティバルというイベントが開催され、今もなおアメリカをはじめとする各地で親しまれています。

スプーンブレッドの歴史

スプーンブレッドとは、ポレンタとコーンミールに似ている、おいしいものです。 甘くてふわふわしていて、コーンの風味がある料理です。

一部の料理研究家は、スプーンブレッドはスッポーン、またはスッポワンと呼ばれるインドのお粥にさかのぼることと述べています。 一方、バター、ミルク、卵などの豊富な材料があるレシピは南北戦争の後に現れたかも知りません。 この料理は何世代にもわたってに提供され、食べられてきました。

手頃な価格の料理だったので、スプーンブレッドは長年にわたり保持できました。さらに、食料貯蔵室の内である基本的な材料のみが必要とされ、調理するのに時間がかからない料理です。 多くの主菜との相性は抜群、多彩で簡単な料理です。

スプーンブレッドの最初の印刷レシピは、1847年にサラ・ラトリッジによって書かれた「The Carolina Housewife」料理の本に見られました。スプーンブレッドは20世紀頃に流行しました。 サラ・ラトリッジはスプーンブレッドのルーツをネイティブアメリカンと直結し、アワンドーと呼ばれる伝統的なカロライナの表現を使用しました。また、チャールストンのすぐ外にあるネイティブアメリカンの入植地とにちなんで名づけられました。

スプーンブレッドについての他の歴史の記録は、ジェフ・スミスという著者による本があります。ジェフ・スミスの本は「The Frugal Gourmet Cooks American」と題され、1987年にリリースされました。著者は本の中でバージニアスプーンブレッドが独立戦争中の主食であったと述べました。

「スプーンブレッドは単純に、非常に栄養豊富で濃厚なコーンブレッドです。 ワシントン将軍はこの料理が大好きでした… マウントバーノン(ワシントンのプランテーション)で頻繁に提供していました。」と氏は本で述べました。

スプーンブレッドは、世界のほとんどの地域であまり知られていません。 南部の一部でレシピは記憶から徐々に遠ざかりつつあっても、多くの家族に愛され続けており、このユニークなレシピは何世代にもわたってさかのぼります。

米国ケンタッキー州のベレヤ郡の住民は、スプーンブレッドがおいしいものを確かに知っています。 彼らの毎年恒例のスプーンブレッドのお祭りは、これを証明しています。 「ベレヤ商工会議所での特別なお祭り」として知られ、ブランド化されたお祭りです。 2015年には60,000人以上のスプーンブレッド愛好家がこのお祭りに参加しました。これは、この珍味の人気を示しています。

人気の主な理由が、スプーンブレッドは南部のごちそうのかわりとしていることだからです。 コーンブレッドの歴史と人の歴史的な文化運動の間には、特に米国では、類似点があります。 スプーンブレッドの完璧な歴史は、それが歴史の中でどれほど重要であるかを示しています。 また、食品として大いに評価され、大切にされている料理だと証明します。

ケンタッキー州のお祭りに参加できない人は、東京のスプーンブレッドカフェにいらっしゃることができます。 日本の誰もがこのおいしい料理を食べてみる機会があります。 スプーンブレッドカフェは、彼らのレシピが米国に起因した料理と同じくらい美味しいことを確認しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です